湯けむり旅の宿 霧島でワイルドキャンプ入門1泊2日の旅(2日目)

2019.05.03 Friday 17:50
0

    旅の湯オートキャンプ場で目覚めた朝。

    朝の早い中高年の皆さんはいったい何時から起きてたのでしょう?

    目覚めて枕元の窓から眺めると、早くも火が熾ってました(笑)

     

    さて、今回は妻から教わった「フノリ」の澄まし汁を作るという大事なミッションがあります。

    教わった通りの順番で調理をしつつ、何となく似た感じの味には出来ました。

    皆さんに振る舞うと、美味しいとは言ってくれましたが、自分としては何となく違和感が残ります。

     

    帰宅後、妻に確認すると、なんとフノリを洗わずに鍋に入れてたという失態が発覚。

    もともと海水で塩分が強いので、軽く水洗いするのがセオリーなんだとか。

    あの違和感は、醤油味よりも塩味が強いものから来てたんですね。

     

    フノリはこの時期だけの産物なので、次回があるかは分かりませんが、今度こそ失敗しないようやりますね。

    iPhoneImage.png

     

    蒸し窯に入れた鹿児島黒豚も出来てきました。

    朝からお肉とはビックリしましたが、程よく脂が落ちて何とも優しいお味。

    脂の沁みたモヤシも美味しかったです。

    iPhoneImage.png

     

    朝食後、用事のあるhopthymeさんとお別れし、キャンプ場を早めの撤収です。

    残りのメンバーで向かった先はtakaさん念願の新湯温泉 国民宿舎新燃荘。

    前回来たときから本館が改築されており、ちょっと綺麗すぎる感じが少々違和感でしたが、立ち上る硫黄臭にテンションが高まります。

    iPhoneImage.png

     

    川沿いの温泉棟も色が塗りなおされ、以前の寂れた感じがなくなりました。

    もっと鄙びたのが良いんですが、こればかりは時間が解決してくれるしかないのでしょう。

    iPhoneImage.png

     

    とか何とか言いながら、特徴ある白濁した硫黄泉と対面した途端、そんなことはどーでもよくなりました(笑)

    一目散に服を脱いで、湯舟にジャボンです。

    ひととおり内湯を楽しんだあと、混浴の露天(写真)へ移動しました。

     

    こちらは腹よりも深いのが特徴で、足元はまったく見えないため、4〜5段ある階段をへっぴり腰で下りることになります。

    見上げると手付かずの自然。素晴らしい!

    いろんな温泉に浸かったけど、ここが一番好きかなぁ。

     

    シャンプー、石鹸有り、ドライヤー無し、600円。

    iPhoneImage.png

     

    温泉を堪能したあとは、えびの高原まで移動し、ここで昼食を摂ることにしました。

    新湯温泉からだと、霧島神宮に出て、そこから高原町か都城市に出るのが近道なんですが、何となく皆と行動を共にしてしまいました。

    iPhoneImage.png

     

    食事のあと、全員でえびの高原キャンプ場を偵察。

    オートキャンプは出来ないけど、テントかタープがあればそれなりに楽しめそうな雰囲気です。

    真夏は涼しいだろうから使ってみると良いかもなどと話しながらここでお別れ。

     

    途中、展望所があったので立ち寄ったところ、後続の皆とまた再会(笑)

    しばらく眺望を楽しんだあと、今度こそお別れしました。

    今回も楽しかったです。またお会いするのを楽しみにしております〜(^^)/

    iPhoneImage.png

     

    JUGEMテーマ:キャンピングカー

    ランキングに参加しています。順位がすべてではありませんが、励みになりますのでリンクを押していただければ嬉しいです。
    にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

    category:お泊りお出かけ | by:かおなし♪comments(4) | -

    湯けむり旅の宿 霧島でワイルドキャンプ入門1泊2日の旅(1日目)

    2019.05.02 Thursday 06:50
    0

      4月13日。

      今回の定例オフ会は霧島が会場ということで、ひたすら下道を走ります。

      遠くに見えてきたのは高千穂の峰。

      いや〜、気持ちが逸りますねぇ。

      iPhoneImage.png

       

      道の駅「霧島」に到着。

      遠くに桜島が見えます。さすがにここまで登ると肌寒いっす。

      iPhoneImage.png

       

      目的地である、野々湯、現在は名前が変わって「旅の湯」オートキャンプ場に到着。

      以前はもっと荒れた雰囲気だったけど、こざっぱりしてランクが上がった印象です。

      これで1人1,550円は格安だと思います。電源は別に1口500円が必要です。

       

      私が一番乗りで良さそうな場所を確保し火熾しをしていると、takaさん、ふかけんさんご夫妻のジルノーブル号、islanderさんの

      GT号が合流しました。

      iPhoneImage.png

       

      いつものようにさっそく飲み会が始まります(笑)

      まあ、キャンプの楽しみは呑むことに尽きますからねぇ。

      道の駅霧島で買った牛タン燻製やエシャレットなどを摘まみに、ウダウダ話しながら楽しいひと時です(^^)/

      iPhoneImage.png

       

      ふかけんさんからの持ち寄り燻製も美味しかったです。

      馬肉だったかな?

      iPhoneImage.png

       

      islanderさんからは小魚の缶詰。

      ソロキャンの時は準備も要らず重宝しそうです。

      残った油でエシャレットの葉っぱを茹でてまるでアヒージョのよう・・・。

      iPhoneImage.png

       

      ここには地獄蒸しが2釜あって、宿泊者は無料で使い放題です。

      さっそく野菜などを釜に放り込みました。

      iPhoneImage.png

       

      蒸し野菜ができあがるまでにひとっ風呂。

      ここも宿泊者は朝7時から夜11時まで入り放題。

      こんな贅沢はありません。

      iPhoneImage.png

       

      岩風呂の内湯。

      少し熱めだけど、硫黄臭の強い好みの温泉です。湯の華もたくさん浮いてました。

      シャンプー、ボディソープ、ドライヤー有り。

      iPhoneImage.png

       

      露天の岩風呂。

      こちらはちょうど良い湯加減で長湯できます。

      iPhoneImage.png

       

      露天のデッキに造られた一人用風呂桶。

      湯舟に浸かると豪快にお湯が溢れ出て、なんとも言えない解放感にひたれます。

      遠くには紅葉のような新緑の山が一望でき、しばらく見とれて癒されました。

      iPhoneImage.png

       

      お風呂から上がるころ、蒸し野菜が出来上がりです。

      iPhoneImage.png

       

      どれも美味しかったけど、特にサツマイモは絶品でした。

      甘くねっとりとしたお味は最高!

      iPhoneImage.png

       

      さて、キャンプの醍醐味、着火の儀。

      今回はislanderさんによる、麻紐綿→フェザースティック→薪への点火実演です。

      ファイヤースターターで一発点火!さすがです(^^)/

       

      私はそんなにこだわりが無いので、ライター点火で十分ですけどね(笑)

      iPhoneImage.png

       

      今回は直火を楽しむことができました。

      じつは最近こういうワイルド系に目覚めつつありまして、いちどやってみたかったんです。

       

      薪をくべながらビールを飲むのはやっぱり美味いっすね。

      このころhopthymeさんのGT号が到着。

      iPhoneImage.png

       

      ところが、ちょっと椅子を離れた隙に突風が吹き、ヘリノックスサンセットチェアが焚火に倒れ掛かり、あっという間にこの有り様になってしまいました(泣)

      大事に使っていた椅子なのにホントに残念です。

       

      もう使えないので、今回はhopthymeさん所有の椅子をお借りして凌ぐことに。

      座り心地良かったのになぁ〜、勿体なかったなぁ〜、はぁ〜(´・ω・`)

      iPhoneImage.png

       

      仕方ない、気を取り直して夕飯の準備です。

      持ち寄った食材の数々、楽しみですね。

      iPhoneImage.png

       

      islanderシェフの牛タンシチューは直火でコトコト煮込みます。

      う〜ん、良い香りだ。

      iPhoneImage.png

       

      hopthymeさんご持参のトライポッド。

      高さが微調整できるので便利です。

      みんなが集まると道具には事欠きませんね(笑)

      iPhoneImage.png

       

      さて、ほぼノンストップで昼食から夕飯になだれ込みます。

      今回もふかけんさんが手打ちそばをご持参くださいました。

      相変わらず安定の美味しさです。

      iPhoneImage.png

       

      いつも思うことだけど、キャンプでこんなザル蕎麦が味わえるなんて贅沢ですよね〜!

      おかげで食べ過ぎて、お酒の量が進みませんでしたが(笑)

      iPhoneImage.png

       

      その後は蕎麦を茹でたお湯で、鹿児島黒豚や牛肉などをしゃぶしゃぶで頂きました。

      脂がほどよく落ち、それほど肉好きではない私でもいっぱい食べられます。

      いや〜、贅沢の極みですなぁ。( *´艸`)

      iPhoneImage.png

       

      タンシチューも出来上がりましたが、お腹いっぱいでもう無理。

      朝食でいただくことになりました。

      iPhoneImage.png

       

      食事のあとはhopthymeさん所有のランタン祭り。
      小さな炎で灯りにはならないけど、食後に寛ぐときには雰囲気があって良いですね。

      たくさん集まるとけっこう明るい。

      iPhoneImage.png

       

      もちろん焚火も続きます。

      こうやって火をいじっているときが一番ストレス解消になるのかな。

      いや温泉かな? それともお酒かな?

      いや全部できるのが良いね。やっぱキャンプが最高だね(笑)

       

      このあと、二度目の温泉に浸かり、風呂上りに頂いたビールは最高でした。

      しばらく談笑したあと、それぞれのキャンカーに退散。おやすみなさい。

      iPhoneImage.png

       

      JUGEMテーマ:キャンピングカー

      ランキングに参加しています。順位がすべてではありませんが、励みになりますのでリンクを押していただければ嬉しいです。
      にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

      category:お泊りお出かけ | by:かおなし♪comments(2) | -

      Calender
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 煎餅缶と鍋の蓋をオリジナルキャンプギアに変えてみる
        かおなし♪
      • 煎餅缶と鍋の蓋をオリジナルキャンプギアに変えてみる
        かおなし♪
      • 煎餅缶と鍋の蓋をオリジナルキャンプギアに変えてみる
        かおなし♪
      • 煎餅缶と鍋の蓋をオリジナルキャンプギアに変えてみる
        taka
      • 煎餅缶と鍋の蓋をオリジナルキャンプギアに変えてみる
        hopthyme
      • 煎餅缶と鍋の蓋をオリジナルキャンプギアに変えてみる
        islander
      • 秋深まる霧島高原で大好きな温泉をいただきます(3日目)
        かおなし♪
      • 秋深まる霧島高原で大好きな温泉をいただきます(3日目)
        かおなし♪
      • 秋深まる霧島高原で大好きな温泉をいただきます(3日目)
        hopthyme
      • 秋深まる霧島高原で大好きな温泉をいただきます(3日目)
        islander
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM