令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(4日目)

2019.05.19 Sunday 16:49
0

    茶屋の原オートキャンプ場で目覚めた朝。

    山の中なので、若干心配してたイノシシやシカの被害が無くてひと安心。

    お隣のislanderさんはすでに起きて活動してます。

     

    あいさつに行くと、すでに朝食も済まされた様子。

    相変わらずお年寄りは朝が早いわ(笑)

    iPhoneImage.png

     

    ということで、わたしも朝食の準備。

    パンと野菜とヨーグルトに珈琲といういつものスタイル。

    普段は目玉焼きが付くけど焼くのが面倒だったんで、動物性たんぱく質が無いね。もっとちゃんとしないとダメだね。

    iPhoneImage.png

     

    食事も済んで、早めにテントを片付けたので時間が余った・・・。

    islanderさんもすでに片付け終わり。

    もっとゆっくりしても良いんだけど、なぜだか気が逸るよね。不思議だね(笑)

    iPhoneImage.png

     

    キャンプ場をあとして、やって来たのは「いやしの里 樹やしき」

    ここで好物のかけ流し温泉をいただきました。

     

    ここの温泉は立ち湯というのがあって、かなり深い浴槽で浮遊感を味わうことが出来ます。

    今回は2回目の訪問。前回の記事

    いや〜、良いお風呂でした〜(^^)/

    iPhoneImage.png

     

    ふと山を見ると、ちょうど山藤が花盛りでした。

    普段はあることすら分からない植物だけど、花の時期には至るところにあることが分かりますね。

    iPhoneImage.png

     

    お風呂のあとは、小腹が空いたので昼食をいただくことに・・。

    混んでる食事処はスルーして、小国のラーメン屋「二番館」にやってきました。

    連休だというのに、入店したら誰もいない・・・(汗)

     

    ちょっと不安でしたが、注文したチャンポンはけっこう美味しかったです。

    たしか豆乳風味のチャンポンでした。

    iPhoneImage.png

     

    二番館でislanderさんとお別れし、大観峰周りで帰宅することになりました。

    大観峰は恐ろしいほどの混みようなので、迷わずスルー。

    大嫌いな人混みには近づきません。

    その代わり、ちょっと先の駐車スペースに車を停めて絶景を味わってみました。

    iPhoneImage.png

     

    坂道の上に見える、左側の小高い丘が大観峰の駐車場です。

    ほんの少ししか離れてないのに、ここには誰も居ません。

    iPhoneImage.png

     

    おかげでこの景観を独り占めです。

    でも、谷間から吹いて来る風は、ダウンを着ないと寒いくらいの温度。

    ずっと眺めていたかったけど、身体が冷えて来たのでしばらくして退散です。

     

    今回の3泊4日の旅が終わりました・・・。

    ホント、楽しい時間はあっという間ですね。

    また、近いうちに来るからね。待っててね〜(^^)/

     

    iPhoneImage.png

    JUGEMテーマ:キャンピングカー

    ランキングに参加しています。順位がすべてではありませんが、励みになりますのでリンクを押していただければ嬉しいです。
    にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

    category:お泊りお出かけ | by:かおなし♪comments(4) | -

    令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(3日目)

    2019.05.18 Saturday 14:44
    0

      5月4日。

      長者原の無料駐車場で目覚めた朝。

      朝の空気が爽やかです!

      iPhoneImage.png

       

      車窓から、早朝の景色を眺めながら朝食をいただきます。

      夕べから停まっている乗用車の多くは、朝から山登りをする登山者さん達でした。

      中には夜間、車に戻った気配のない車があるので、もしかすると山で泊まったのかも知れないですね。

       

      今の私には山登りする体力も元気も無いけど、若い頃に登った九重連山にもう一度登れたら最高だろうな、などと考えながら感慨深く登山者さん達を眺めてました。

      iPhoneImage.png

       

      さて、朝食のあとトイレを済ませ、今回の目的のひとつである、サイクリングを楽しむことに。

      早朝のサイクリングはまた格別です。

      景色ももちろん素晴らしいし、何より涼しいので汗ひとつかきません。

      iPhoneImage.png

       

      思えば、この自転車を買ってから乗り回したのは数えるほどしかありません。

      コルドバになって荷室も広くなったことだし、今後は出動する機会も増えるかも・・。

      iPhoneImage.png

       

      あまり広範囲ではないけど、あちこち走り回ってみました。

      もちろん戻りが大変なので、調子に乗って坂道を下っていかないよう気を付けて(笑)

      iPhoneImage.png

       

      このすぐ近くにキャンプ場があって、少しだけのぞき見したけど、案の定満杯でした。

      ほとんどが家族連れみたいで、ちいさな子供の声がやかましく聞こえます。

      連休だから仕方ないにしても、あんなところでキャンプしても楽しく無さそう。

      やっぱり、子供の近づかないワイルドなキャンプ場が理想だな!

      iPhoneImage.png

       

      記念写真スポットなのか、ここで写真を撮ってるひとが多くいたので、自転車を入れてパチリ。

      駐車場から少し下った位置になるけど、それでも標高1千メートル越え!

      高地で運動したから、少しは身体が鍛えられたかな?

      iPhoneImage.png

       

      駐車場近くに戻り、散策路を廻ってみたところ、山ツツジが咲いてました。

      標高が高いだけに、ずいぶん遅いですね。

      すでに終わりかけだったけど、春の名残の良いものが見れました。

      iPhoneImage.png

       

      長者原をあとにし、牧ノ戸峠駐車場に到着。

      相変わらず登山者さんたちの車で駐車場は満杯です。

      運よく空きがあり停めることが出来たので、せっかくなので登山道を少しだけ歩いてみました。

       

      しばらく歩くと、何となく登山してる気分を味わえます。

      もっと足腰が元気だったら、このままずっと歩いて行けるのに、ちょっと残念です。

      iPhoneImage.png

       

      この場所には2年前の7月にも来ましたが、あの時は緑が生い茂っていました。

      あのときの朝の爽やかさは忘れることができません。

      今年の夏にまた来てみたい、そう思いました。

      iPhoneImage.png

       

      途中立ち寄った三愛レストハウスでは、何やらバイクのイベントが開かれていたみたいで、いつもに増してバイクの集団が押しかけてました。

      その爆音たるや、気分が悪くなるくらい(汗)

      あんなの何が楽しいんだろう・・・。

       

      早々に退散し、今夜の宿である「茶屋の原オートキャンプ場」にチェックイン。

      ここは管理が緩いというか、適当というか、朝9時からなら入場しても構わないと言われました。

      それはありがたいのだけど、チェックアウト前のお客さんがまだいる時間帯なので、開いてる場所を適当に探してくれということです。

      区画どころか、大まかなエリアの指定もありません。

       

      入場すると連休も手伝ってかなりのサイトが埋まってました。誰がチェックアウトする人なのか、それとも連泊するのか皆目見当が付きません。

      仕方ないのであちこち探して見つけたのがこの場所。

      同宿するislanderさんの場所も確保し、ようやく落ち着いたころ汗をかきながらテント設営完了。

      iPhoneImage.png

       

      設営の途中、他人が勝手にエリアに車を乗りこんで来たので、この場所は後から来る友人のために押さえてるんだ、と言うと、自分達は毎年ここに来るけどいつもこのエリアを使うんだよね〜、などと訳の分からない返事が返ってきます。

      むかつきましたが、そこは大人の対応で、丁寧に引き払っていただきました。

      立派な大人だったけど、世の中には常識の通じない人がいて困ったものです。

      iPhoneImage.png

       

      そうこうするうちに、キャン友のislanderさんが到着。

      初張りだという、ティピーの設営に取り掛かりました。

       

      今回はソロキャンという趣向なので、手伝ってもかえって迷惑だろうと、傍観を決め込みます(笑)

      iPhoneImage.png

       

      慣れないせいか、幕とインナーの入口が合わないなど、ちょっとしたハプニングがありつつも、割とスムーズに設営が進みます。

      これはティピー型のシンプルな構造のおかげなのでしょう。

      iPhoneImage.png

       

      約1時間で設営完了しました。

      しかしまあ、我々が知り合った3年前には考えられなかったことですよ・・・。

      あの頃はキャンプにハマるなんて思ってなかったし、まさかテントまで所有することになるとはね〜。

      個人的にはリコルソを買い替えるなんて夢にも思わなかったし、たった3年で状況は大きく変わるもんですね(笑)

      iPhoneImage.png

       

      しばらくして、場内を散歩してると、軍幕を設営されている方を発見。

      厚かましくもお話させてもらい、写真まで撮らせていただきました。

       

      いや〜、全部の道具類が統一感があって、ひとつの世界観を作り出している。

      お世辞抜きでカッコ良かったです。

      iPhoneImage.png

       

      そろそろ日も暮れて来たし、夕飯の準備でも始めるか・・・。

      iPhoneImage.png

       

      今回はソロキャンという趣向なので、飯は自分で作ります。

      とはいうものの、こてっちゃんにピーマンとオクラを加えて炒めるという簡単レシピですが(汗)

      でもまあ、味は最高でしたよ!

      iPhoneImage.png

       

      結局islanderさんも食事に加わり、ソロでも何でも無くなりましたが、美味しいお酒と美味しい料理をツマミながら楽しい時間が過ぎていきます。

      この牡蠣の缶詰も最高に美味でしたね!

      ソロだからこその手間のかからない簡単な食事。自分に合ってると思いました。

      iPhoneImage.png

       

      そうこうするうちに酔っ払い、その勢いもあってかislanderさんは軍幕の方へ陣中見舞いに消えていきました。

      ほどなく私も加わらせてもらい、楽しい話を聞かせてもらうことになりました。

      まったく知らない者同士が、こうやって酒を酌み交わすなんて、同じ趣味っていいもんだなと思いますね。

      iPhoneImage.png

       

      ひとしきり盛り上がったあと、つぎは我々のサイトに移動して二次会。

      かなり遅くまで酒を酌み交わしました。

      いや〜、一人の車中泊も良いけど、キャンプで酒盛りも楽しいですね。

      欲張りな自分には、今回のような車中泊+キャンプが合ってるんだと思います。

      iPhoneImage.png

       

      JUGEMテーマ:キャンピングカー

      ランキングに参加しています。順位がすべてではありませんが、励みになりますのでリンクを押していただければ嬉しいです。
      にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

      category:お泊りお出かけ | by:かおなし♪comments(6) | -

      令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(2日目)

      2019.05.16 Thursday 22:21
      0

        5月3日。

        湯平温泉の無料駐車場で目覚めた朝。

        シェードを開けると、こんな風景が広がってます。

        鳥のさえずりがうるさいくらいで、何とも爽やかな朝でした。

         

        朝イチで道の駅湯布院に移動。

        駐車場には、それはそれは沢山のキャンカーや車中泊仕様車が停まってました。

        こんなゴミゴミしたところに泊まらなくて正解でした(^^)/

        車中で朝ごはんをいただき、トイレを済ませ出発です。

        iPhoneImage.png

         

        湯布院から玖珠経由で、目的地の耶馬渓に着きました。

        なんとなく渓流を登っていくのだとイメージしてたら、何と逆に下っていくではありませんか・・。

        この道でホントに合ってるのか不安に感じながらの行程でした。

         

        有名な一目八景に到着。

        本来の見ごろは紅葉の秋でしょうが、新緑もそれなりに綺麗でした。

        ただ、もっと壮大な景観をイメージしてた割には、こじんまりした感じで少し期待外れでしたかね。

        iPhoneImage.png

         

        ただ、もとは宿場町だったと思われる街並みはなかなかの風情で良かったです。

        そばまんじゅうが名物みたいだったけど、甘いものを食べない私はスルー。

        そば屋もあったけど、時間が早すぎてタイミング合わず、ちょっと残念でした。

        iPhoneImage.png

         

        街並みを歩いていると、展望台を見つけたので登ってみました。

        早い時間にもかかわらず、けっこうな人出です。

        こんな山奥に大したもんだ。

        iPhoneImage.png

         

        街並みを通り抜け、ずっと下っていくと立派な駐車場と観光案内所がありました。

        ここで案内所のおねーさんに「ここが耶馬渓のメインなの?」と聞いてみると、地図を見せながら「いえいえ、ここは深耶馬渓という場所で、ここが何とか耶馬渓、ここが何とか耶馬渓・・・・」という説明。

        余りにエリアが広すぎて、説明が頭に入って来なかったけど、要するにここは耶馬渓の一番奥だということが判りました。

        ということは、自分は山を越えて耶馬渓の一番奥に入ったんだ。

        どおりで下るはずだよな〜、などと妙に納得しました(笑)

         

        さて、耶馬渓を見るつもりが、エリアが広すぎて全部は見きれそうにない・・・。

        仕方ないので、キャン友にアドバイスを求め、とりあえず有名どころの本耶馬渓に行くことにしました。

        せっかくなので、観光駐車場から対岸の遊歩道を歩いて車まで帰ることに・・。

        iPhoneImage.png

         

        自然の中の遊歩道はなかなか面白かった。

        よい運動にもなったしね。

        iPhoneImage.png

         

        ということで、青の洞門に到着!

        ここもまあ、それなりの景観かな・・。驚くほどでは無いかも。

        iPhoneImage.png

         

        ただ、青の洞門は感慨深いものがありました。

        iPhoneImage.png

         

        こんなのを良く手掘りで作ったもんだ。驚いた。

        iPhoneImage.png

         

        手掘りは2個所残っていると聞いたので、上の道を歩いてぼちぼち向かいます。

        iPhoneImage.png

         

        禅海和尚の石像が飾ってありました。

        iPhoneImage.png

         

        説明書きによると明り取りのために開けたという窓。

        iPhoneImage.png

         

        禅海和尚の作業風景。

        大変だったろうね〜(汗)

        iPhoneImage.png

         

        方向を間違えて掘り直した跡とか、じっくりと見て行くと面白いです。

        iPhoneImage.png

         

        さて、駐車場には同じトイファクトリーのアルタモーダ仕様バーデンが停まってました。

        なんでしょうね、背が高い分、ずんぐりむっくりした印象を受けます。

        室内が高いのはありがたいけど、スタイルは普通の方がカッコイイですね。

        おまけに安いし(笑)

        iPhoneImage.png

         

        さて、こちらもキャン友さんから勧められた羅漢寺。

        iPhoneImage.png

         

        参道の途中に禅海堂という建物があります。

        iPhoneImage.png

         

        こちらに禅海和尚が実際に使ったという、ノミと金づちが展示してありました。

        金づちはノミを打ち続けたせいで窪んでます。

        すごい執念を感じました。

        iPhoneImage.png

         

        羅漢寺へは参道を歩く道と、リフトを選ぶことが出来ますが、迷わずリフトです(笑)

        なかなか気持ちの良い非日常を味わうことができました。

        iPhoneImage.png

         

        ということで羅漢寺に到着したけど、カメラ禁止だったのでこれから先は画像なしです。

        気になる方は「羅漢寺」で検索して下さ〜い!

        iPhoneImage.png

         

        羅漢寺をあとにし、やってきたのは湯布院〜水分峠〜やまなみハイウェイ経由で飯田高原。

        まっすぐのハイウェイがめっちゃ気持ち良いです!

        今夜はこの先の駐車場に泊まります。

        iPhoneImage.png

         

        と、そのまえにお風呂へ。

        やってきたのは馬子草温泉きずな。

        キャンピングカーをお持ちのご主人と少しお話。

        キャブコンからバンコンに乗り換えられたそうです。

         

        温泉は茶にごりの鉄っぽい泉質で、なかなか良かったです。

        お勧めされた露天風呂からは九重連山が一望でき、自然を満喫できました。

        iPhoneImage.png

         

        お風呂のあとは、今夜の宿に移動。

        じつは、ここは去年の9月に泊まった場所なんだよね〜。

        久しぶりに戻って来たぜ!

        それもコルドバに乗り換えて!!( *´艸`)

        iPhoneImage.png

         

        車窓から。

        暮れていく九重連山を眺めながら一杯やると最高の気分です。

        高額な旅館ももちろん良いけど、これほどの特別感を味わえる宿は無いですね。

        これこそキャンピングカーの特権だと思います。

        iPhoneImage.png

         

        一杯やったあと、ちょっとそのへんを散歩。

        けっこう肌寒くてダウンを着ました。

        こりゃ、真夏でも涼しいはずだわ。

        iPhoneImage.png

         

        お店の前の足湯が無料だと書いてあったので、浸かってみました。

        いや〜、寒かったけど身体がホンワカしてきます。

        こりゃ最高だ!(^^)/

        iPhoneImage.png

         

        再び車に戻り、そろそろお食事。

        簡単におでんにしました。(袋に入ってるヤツ)

        iPhoneImage.png

         

        冷たいビールを飲みながら、熱々のおでんをつつくのも良いものです。

        iPhoneImage.png

         

        あとはテレビを見ながらまったり。

        車内にトイレもあるし、テレビはあるし、コルドバを買って良かったな〜と、つくづく思いながら夜が更けていくのでした〜。

        iPhoneImage.png

        JUGEMテーマ:キャンピングカー

        ランキングに参加しています。順位がすべてではありませんが、励みになりますのでリンクを押していただければ嬉しいです。
        にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

        category:お泊りお出かけ | by:かおなし♪comments(6) | -

        令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(1日目)

        2019.05.14 Tuesday 19:04
        0

          5月2日。

          連休三日目からずっと雨で、車庫から車を出せませんでした。

          やっと雨が上がったので、あても無く家を出発。

           

          とりあえず大分方面を目指しながら、行く先を考えます。

          頭に浮かんだのが、まだ行ったことの無い耶馬渓。

          それから、最近テレビで見た湯平温泉。

          さいごに、終盤にキャン友のislanderさんと約束してる、熊本県 瀬の本高原の茶屋の原キャンプ場。

           

          これを辿りながら行くことに・・・しましょう。

          まずは、湯平温泉に到着。

          ここは湯布院から15分くらいの距離なんですが、大型連休中にも関わらずほとんど人影が見えません。

          人ごみと行列が大嫌いなワタシとしては大歓迎な状況です(^^)/

          iPhoneImage.png

           

          無料駐車場に車を停めてさっそく散策開始。

          いいっすね〜♪この風情!

          いかにも寂れた温泉街という感じで、テンションがあがります(^^)/

          iPhoneImage.png

           

          湯平温泉の見どころは、この石畳と赤提灯の灯る通路、それともちろん温泉です。

          iPhoneImage.png

           

          本通りから外れて路地に入ると、ちいさな橋がかかってて暮れゆく温泉街が眺められました。

          ホッと一息。

          iPhoneImage.png

           

          ここには公衆浴場が5つあるんですが、そのうち3つは源泉修理中で使えませんでした。

          一番奥の金の湯(ここも修理中)から見た風景がこちら。

          iPhoneImage.png

           

          一番奥まで散策するとけっこうな距離でした。

          そのせいで汗を少しかいたので、使える方のひとつ、中の湯に入ることに・・。

          iPhoneImage.png

           

          湯舟から眺めた景色。

          泉質は無色無臭のお湯。ちょっと物足りない感じかな。

          でも、窓からの眺めは良かったです(^^)

          何より広い湯舟を独り占め。こりゃあ贅沢だぁ!

           

          料金200円。石鹸、シャンプー、ドライヤー無し。

          iPhoneImage.png

           

          たっぷり温泉を堪能したあとは、入口にあったテーブルに座って夕涼み。

          風が気持ちの良い夕方です。

          iPhoneImage.png

           

          帰りみち、山頭火ミュージアムに立ち寄り、しばらく墨書の世界に浸り・・・。

          iPhoneImage.png

          iPhoneImage.png

           

          2湯目(笑)

          銀の湯に浸かることにしました〜!

          iPhoneImage.png

           

          ここも誰もいなかったのでパチリ!

          源泉が違うのか、こちらは少し薄にごりの微かに硫黄臭のするお湯です。

          いや〜、シアワセですなぁ(*´▽`*)

           

          料金200円。石鹸、シャンプー、ドライヤー無し。

          iPhoneImage.png

           

          お湯から上がり、入口の椅子に腰かけて涼んでいると、そばにこんなものが・・。

          「湯平温泉 寄進 世話人○○○○」

          いいね〜♪

          iPhoneImage.png

           

          さて、そろそろ暗くなってきたし、飯でも食うか、と立ち上がったところ、目に入ったのが道向かいのお店に貼ってあった色紙。

          これを読んで、できるうちに親孝行しなきゃ〜!って思ってしまいました。

          iPhoneImage.png

           

          その横にはこんな色紙が・・・。

          そだねー、その通りだよ。がんばろー。

          iPhoneImage.png

           

          そうこうしてるうちに日も暮れて、道路のランタンが赤く光りはじめました。

          これを見たかったんだよ〜、これを!

          iPhoneImage.png

           

          まるで、千と千尋の神隠しに出て来た神様の食堂街みたいじゃない?

          へ〜、いい雰囲気〜♪

          iPhoneImage.png

           

          旅情気分を存分に味わったあとは、美味しいものを味わうことに。

          とりあえず濁り酒を一杯。

           

          う〜ん、めっちゃ美味♪

          iPhoneImage.png

           

          お待ちかねの、うなぎ丼。

          久しぶりのウナギはそれはそれは美味でした、とさ。(^^)

          iPhoneImage.png

           

          夕飯のあと、しばらく夕涼みしたあとクルマに戻り・・・。

          iPhoneImage.png

           

          車内で二次会(笑)

           

          テレビを見ながら寛ぎます。

          以前はテレビなんか見なかったけど、コルドバになって観はじめました。

          やっぱ寛ぎ感ハンパないですね。

          それと駐車場にトイレが無かったので、車内トイレが役立ちます。

          検討に検討を重ねて、コルドバにして大正解でした(^^)/

          iPhoneImage.png

           

          JUGEMテーマ:キャンピングカー

          ランキングに参加しています。順位がすべてではありませんが、励みになりますのでリンクを押していただければ嬉しいです。
          にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

          category:お泊りお出かけ | by:かおなし♪comments(6) | -

          ゴールデンウィーク初日 テントを試し張りにとりあえず1泊キャンプ

          2019.05.06 Monday 08:00
          0

            今年のGWは10連休!

            さっそく旅に出たいところだけど、3日目から雨の予報。

            仕方ないのでとりあえず1泊でキャンプに行くことにしました!

            iPhoneImage.png

             

            目的地は宮崎県日向市の石並川キャンプ場。

            穴場なのか連休にも関わらず、あっさり予約出来ました。

            しかも午前中でもチェックインOKという太っ腹対応!

            料金はたったの1,080円。ありがたいことです(^^♪

            iPhoneImage.png

             

            午前10時前に入ったせいか、他には誰もおらず一番良い場所をGETできます。

            よりどりみどり!

            とはいうものの、広大なサイトの何処が良いのか、いざ選ぶとなると困ってしまいます。

             

            いろいろ考え、水場に近すぎず遠すぎず、日当たりは良いものの、西日は遮ってくれる半木陰。

            フラットで芝生が豊かで木の根など邪魔になるモノが無い。

            オートキャンプではないので駐車場と近いところ。

            そんな場所を選んでみました。

            iPhoneImage.png

             

            さて、ここに来た目的はコレ。

            そうです、GETしたばかりのテントの試し張り!

             

            さっそく取り出し、説明書に従ってペグ打ち。

            普段は説明書読まないんですが、これは無理でした(笑)

            まずは5か所にペグを打って本体を固定。

            iPhoneImage.png

             

            あとは幕の中にもぐりこんでセンターポールを建てたら張れました(笑)

            まあ、これだけじゃ安定感が無いのでロープで補強するんですけどね。

            iPhoneImage.png

             

            ファスナーを閉めた状態で5か所にロープを張り終えたら、入口の幕を広げてタープ状態にしてみました。

            これ、やりたかったんですよね〜。

            iPhoneImage.png

             

            反対側の幕も開けられるので解放感はたっぷりです。

            ただ、この日は風が強かったので、寒くてソッコーで閉めましたけど(笑)

            iPhoneImage.png

             

            駐車場とテントとの距離感。

            ほぼほぼオートキャンプです(笑)

            iPhoneImage.png

             

            いちおう施設紹介。

            水場です。

            iPhoneImage.png

             

            思ったよりも綺麗に管理されてました。

            こういうの気持ちいいっすね。

            トイレは多目的だけは洋式、他は和式です。ウォシュレットは無し。

            iPhoneImage.png

             

            さて、ちょっとワイルド系キャンプに影響を受けてるので、今回は薪を現地調達してみました。

            とりあえず日なたで乾燥してます。

            iPhoneImage.png

             

            ということで、食事のセッティングが完了しました。

            新しいチェアも初下ろしです。(^^)/

            iPhoneImage.png

             

            薪もたんまりセットしました。

            今夜は派手に焚きましょう!

            iPhoneImage.png

             

            少しのお肉とたくさんの野菜を準備。

            もちろんレタスは焼きませんよ〜。チシャの代わりです。

            iPhoneImage.png

             

            準備万端整ったところで妻が到着。

            なぜか下ろしたての椅子には当然のように妻が座りました。

            何も言えずわたしは古い椅子に(悲)

            iPhoneImage.png

             

            さっそく焼き始めました〜!(^^)/

            オフ会の焼肉とは対照的でしょ(笑)

            iPhoneImage.png

             

            食事が済んだあとは焚火をしながらまったり過ごします。

            コットン地の椅子は火の近くでも安心感有りますね。

            iPhoneImage.png

             

            陽が落ちるとけっこう冷え込んできました。

            おかげで焚火の暖かさが嬉しいです。

            このあと、妻はひとりで帰宅。私だけ泊まります。

            iPhoneImage.png

             

            ひとりになったサイト。

            余分なものは片付けて、シンプルに薪と焚火台、椅子のみ。

            やたら明るいのは場内照明が近くにあるから。

            よく考えたら、焚火を楽しむにはこの場所は間違いだったかもね(汗)

             

            季節外れの寒さのせいで、焼酎のお湯割りが進みます。

            いったい何杯飲んだのか分からないけど、火を眺めながらのお酒は最高の癒しでした〜。

            iPhoneImage.png

             

            気が済むまで焚火を堪能したあと、テントを閉めて休むことに・・・。

             

            もちろん、キャンピングカーで寝ます(笑)

            テントで寝るとかチョット無理ですもん。

            iPhoneImage.png

             

            石並川キャンプ場で迎えた朝。

            夜のうちに駐車場は満杯になってました。

            こんな田舎でもキャンカーが3台、車中泊改造車も数台あるようで、キャンカー人気は本物のようです。

            iPhoneImage.png

             

            ほとんど誰も居なくなったキャンプ場でテントの撤収作業。

            今回、汚れ防止のためブルーシートを持ち込み、そのうえで畳むことにしました。

            おかげで汚れることも無く、なんとか元どおりにケースに収納。

             

            感想としては設営よりも撤収の方が時間がかかった印象です。

            まず沢山の道具類の収納に手間取り、一人で扱うには大きすぎるテントに手間取り、半端ない数のペグの洗浄に手間取り、大きなブルーシートの片付けにも手間取り・・・。

             

            はあ、一人でキャンプするって大変だわ。

            iPhoneImage.png

             

            JUGEMテーマ:キャンピングカー

            ランキングに参加しています。順位がすべてではありませんが、励みになりますのでリンクを押していただければ嬉しいです。
            にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

            category:お泊りお出かけ | by:かおなし♪comments(6) | -

            Calender
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            • 令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(4日目)
              かおなし♪
            • 令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(4日目)
              hopthyme
            • 令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(4日目)
              かおなし♪
            • 令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(4日目)
              islander
            • 令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(3日目)
              かおなし♪
            • 令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(3日目)
              かおなし♪
            • 令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(3日目)
              かおなし♪
            • 令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(2日目)
              かおなし♪
            • 令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(3日目)
              islander
            • 令和元年、最初の旅 大分〜熊本3泊4日の旅(3日目)
              hopthyme
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM