ハイエース車検、気になる費用はいくらかな?

2018.07.18 Wednesday 20:00
0

    三連休のあいだ、マイリコルソを車検に出してました。

    おかげでキャンカーではどこにも行けず(^▽^;)

     

    でも、きれいに洗車してしてもらい美人さんになったリコルソは嬉しそうでした。

    このクルマの車検もこれが最後と思うと、なんだか感慨深いものがあります・・。

     

    気になる請求明細書です。

     

    交換部品

    ・ブレーキフルード取替 500ml

    ・バッテリー液 補充

    ・エンジンオイル交換 5リットル(サービス)

    ・ウィンドウォッシャー液 補充

    ・ワイパーゴム取替(フロント、リア)

    ・クリーンエアフィルタ 取替

    整備

    ・24か月定期点検 一式

    ・継続検査 一式

    ・ブレーキクリーニング 一式

    ・パーキングブレーキ 調整

    ・タイヤ空気圧 調整

     

    総額 13万円也

    わたしの愛車は3ナンバー、ワイドロング、ガソリンエンジン、中古で購入して2回目(7年目)の車検でした。

    工場は安心のディーラー車検。

    まあ、大きなハイエースだからと言って、驚くほど高額では無いもんですね(笑)

     

    ランキングに参加しています。順位がすべてではありませんが、励みになりますのでリンクを押していただければ嬉しいです。
    にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

    JUGEMテーマ:キャンピングカー

    category:メンテナンス | by:かおなし♪comments(2) | -

    必要なものリスト1位のコレを購入

    2018.03.17 Saturday 16:36
    0

      ついについに・・・。

      必要とは思ってたけど、なかなか踏み切れなかったバッテリーチャージャーを購入しました。

      Amazonは相変わらずの過剰包装です(汗)

       

      取り出してみると、意外にコンパクトで軽いものですね。

      新型らしくデザインも凝ってました。

       

      さて、まず手始めに取り外したまま放置してたバッテリーを充電することに・・・。

      現在の電圧を計ってみると、なんと12.2Vくらいありました。

      およそ3か月放置でもあまり減ってません。

      もしかすると交換しなくても良かったかも(汗)

       

      取説に従って接続すると、最初はこれくらいの電圧で始まりました。

       

      それでも終盤は16Vにせまるくらいの高い電圧で充電。

      やはりこのくらいで充電しないと入らないのでしょうかね。

       

      約2時間後、フル充電になりました。

      しばらく放置して電圧を計ってみると、13Vくらいを示しました。

      こいつはまだまだ使えるかも・・。

       

      ということで、おつぎは車内のバッテリーを充電。

      逆流するとまずいかもしれないので、充電器からのケーブルを外し、2個並列のまま充電を開始しました。

       

      このときの充電量は65%。

      2台つなげたせいか、5時間くらいかかって満充電になりました。

      2台だと時間かかりますね。

       

      で、翌日の電圧がこちら。13Vしっかりあります。

      いままでこんな高い電圧は記憶にありません。

      きっと本来の満充電ができたということなのでしょう。

       

      さて、このあと問題が発覚。

      充電器からのケーブルを外した結果、カーナビに登録しておいたFMバンドの登録が消えました。

      それにバックカメラの映像が映らなくなりました。

      気づかないけど他にも設定がリセットされてるかも知れません。

       

      これらは再設定すれば元に戻るのですが、充電のたびにこれでは面倒で仕方ありません。

      充電器からのケーブルを繋いだままで充電器できれば良いのですが、ここは要検討です。

      ふうたさん、このあたりどうなんでしょうね。

      JUGEMテーマ:キャンピングカー

      category:メンテナンス | by:かおなし♪comments(12) | -

      外部充電ケーブルを車で轢くという失態

      2018.02.01 Thursday 18:48
      0

        いろいろあって、しばらく冬眠していたかおなし♪です(笑)

         

        このお話は先週の金曜日にさかのぼります。

        その週末にキャンプを予定してたため、あらかじめバッテリーを外部充電して準備万端整えてました。

        ところが、朝出がけにお布団を積んだりキャンプ道具を積んだり忙しく、巻き取った充電ケーブルをそのまま収納すれば良かったものを、なぜかいったん車の後ろに置いてたんですよね。

        しかも、邪魔にならないよう、タイヤの後ろあたりに・・・。

         

        そのままあれこれしてたらすっかり忘れてて、車をバックさせたらこういうことですわ(汗)

        しかも、一番弱くて交換が面倒そうな場所を踏まんでもいいのに・・。

         

        帰宅後、接続プラグを分解してみると、ネジで簡単に外れることが判りました。

         

        電源コードと本体との接続は、こんな差し込み金具でつながってるようです。

        これならどちらがオスかメスか知らんけど、コード側をそのままに本体側の部品だけ交換すれば行けそう、そう確信。

        さっそく、アネックスショップに部品を発注しました。

         

        数日後、部品が無事到着。

        本来はボディ側とケーブル側のセット商品みたいだけど、交渉したらこの部分だけの販売をしてもらえました。

        この部品も全部使うつもりではなく、壊れた左端の部分のみ使用する予定です。

         

        いろいろ事情があり、そこからさらに数日後、旧部品を分解してみると、なんとハンダ付けしてあるじゃないですか!

        ここが差し込みソケットだと思ったから、サクッと交換できると思ってたのに・・( ;∀;)

         

        こうなったらハンダ付けに挑戦するしかなさそうです。

        そういえば実家の倉庫でハンダこてを見た記憶がかすかにあります。

        探してみるとやはり見つかりました。道具持ちの親父に感謝ですね。

         

        で、ハンダこてに挑戦したのはいいけど、最初のうちはハンダがこぼれるばかりで話になりません。

        どうしても狙ったところに溶け落ちないで、ツルっとこぼれ落ちてしまうんです。

        途中から意地になってやったけど、何度やってもダメ。

        しまいにはハンダ線が心細くなってきました。

         

        このままじゃだめだ、そこから冷静になって考えてみました。

        そこでようやく気付いたんです。

        ハンダは接合部に上から溶かして落とすんじゃなく、接合部に添えたハンダこての先っちょにハンダを持って行くのだと。

        ワタシって天才?(笑)

         

        そうしたら、不細工なりになんとかくっつきました(笑)

        しかし、経験もないのに、しかもこんな難易度の高い(たぶん)接続をよくやったと思います。

         

        で、完成!

        となるはずだったんですが、いざ組み立ててみると、ケーブルのビニール被覆をはぎ取るのが長すぎ、防水ゴムが機能しないことがわかり、再度分解しやり直しました。

        その様子は面倒だったので画像は無しです。頭に来てましたし(笑)

         

        んで、ようやく完成です(^^)/

        念のため充電をしてみたところ、しっかり通電しているようで安心しました。

         

        部品代3千円弱で済んだから良かったものの、無駄な出費には違い有りません。

        これからは胸に刻んで、こんなポカはやらないようにします(;^ω^)

        JUGEMテーマ:キャンピングカー

        category:メンテナンス | by:かおなし♪comments(8) | -

        再度サブバッテリー放電テストをやってみたら驚くべき結果に

        2018.01.15 Monday 22:12
        0

          前回の続きです。

          連続24時間外部充電の結果、13.0Vの無負荷電圧となりました。

          前にやった48時間連続でも同じ電圧だったので、このバッテリー相手に現状の充電システムではこれが限界なのだろうと思います。

           

          今回は、この電圧から放電試験をすると、どの程度使えるのか、前回と同じ条件でやってみました。

          スタート時、外部充電を終えて1時間後の電圧は13.0V。

           

          メインLED照明、冷蔵庫、フリップダウンTV、FFヒーターをすべて付けた直後、12.5Vまで一気に下がりました。

          前回の12.2Vよりはマシですが、ずいぶん下がります。

           

          以降、1時間おきに電圧を計った結果がこちらです。

          驚くことに、12.0Vまで落ちるのに6時間も持ちました。

          たった0.3Vの違いなのに、一気に5時間伸びたことになります。

          使用した電流量が計算できたら、この結果で満足レベルなのか分かるんですが、あいにくそんなスキルは無いので、何となくですがこの程度持てば良いような気もします。

          実際、サブバ2個でこの結果はどんなもんなのでしょうか?

           

          ちなみに、前回のデータがこちら。

          すごい違いです。

          category:メンテナンス | by:かおなし♪comments(12) | -

          サブバッテリー外部充電機器が正常に機能してるかチェック

          2018.01.14 Sunday 12:50
          0

            そもそもなぜ、外部充電しても12.7Vしか充電されないのか疑問が残る、ということで、充電電圧の変化を記録してみることにしました。

            そのまえに、マイリコルソの充電器ですが、すぐれ者充電器ではありませんでした。

            IOTAというメーカーのDLS-30という充電器が付いてました。

             

            加えてIQ4というコントローラーが付いてます。

            取説によるとバルク14.2V、吸収モードを経て、フロート13.6Vで充電するよう設定されてるそうです。

            果たして、設定どおり機能しているのか確認してみることにしました。

             

            外部充電器をつなげた直後、電圧は13.5Vを示しました。

             

            その5分後、14.1V。

            ほぼ設定どおりです。

             

            以降、1時間ごとに測定した結果がこちら。

            バルクモードというのが14.5Vを計測した時間帯なのか、10時から20時までの10時間を指すのか分かりませんが、設定の14.2Vどおりほぼ機能しているようです。

            気になる14.5Vの連続時間は計測していなので不明。

            吸収モードというのが良く分からないけど、13.5Vがフロートモードいうことなのでしょう。設定が13.6Vなので、これも正常に機能しているようです。

             

            充電機器が正常であれば、不調の原因はバッテリーにあると結論づけたかったのですが、何ということでしょう、充電終了1時間後の電圧が今度は13.0Vを示しています。前日は12.7Vだったのに・・・。

            この差はいったい何なのでしょうか。

             

            条件として違っているのは充電時間と室温ですね。

            今回ほぼ24時間充電したのに対し、前日は15時間程度しかしてません。

            きょうに比べると室温もかなり低めでした。

            こうなると、せめて充電時間だけでも一緒にしておくべきでしたね。

             

            しかし、充電時間で結果がこれほど変わるとは、もしかするとこのサブバ(G&Yu SMF27MS-730)は、ひと晩では充電しないのかも知れません。

            前回、48時間連続で充電した結果も13.0V程度だったので、おおむね24時間あれば満充電になるということか・・。

             

            もうひとつ、13.0Vからの負荷テストは結果が変わる可能性もありますね。

            そこは再度負荷テストしないと分かりません。

            今日で結論が出ると思ってたんですが、検証を続けるしかないですね。

            あ〜、めんどくさい(汗)

             

            JUGEMテーマ:キャンピングカー

            category:メンテナンス | by:かおなし♪comments(14) | -

            Calender
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            • 新車契約から納車まで〜車庫を問題をどうにかしないと(結露対策3)
              かおなし♪
            • 新車契約から納車まで〜車庫を問題をどうにかしないと(結露対策3)
              hopthyme
            • 新車契約から納車まで〜車庫を問題をどうにかしないと(結露対策3)
              かおなし♪
            • 新車契約から納車まで〜車庫を問題をどうにかしないと(結露対策3)
              shunsuke
            • レトロなキャンプギアをGET!(多少DIY)
              かおなし♪
            • レトロなキャンプギアをGET!(多少DIY)
              かおなし♪
            • レトロなキャンプギアをGET!(多少DIY)
              かおなし♪
            • レトロなキャンプギアをGET!(多少DIY)
              taka
            • レトロなキャンプギアをGET!(多少DIY)
              islander
            • レトロなキャンプギアをGET!(多少DIY)
              hopthyme
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM